発信元:浄土真宗本願寺派法性山善徳寺(岐阜県岐阜市)

 

 


たのしむとは沈黙に聴きいることだ。
木々のうえの日の光り。
鳥の影。
花のまわりの正午の静けさ。

                                            長田弘「静かな日」より


 

 
2020/04/19 つぼみを膨らませたボタンの茎が、大雨と風のなか、いまにも折れそうになっていたので、急いで添え木を。人の世も丈夫な添え木が必要な事態です。

世界的なコロナ禍により、戸外で親しい人と時を忘れて親密に語りあったり、大口をあけて声を上げて笑いあったりすることもひかえざるをえない日々が続いています。お寺としても、この事態にどう対応してよいのか困惑するばかりですが、まずは寺報を皆様のもとにおとどけすることを思い立った次第です。


 4月7日に岐阜県下にコロナ新型ウイルス感染症に対処するべく緊急事態宣言が発令され、その後も全国的に事態が深刻化されてゆくのを承けて、取り急ぎこんな書き出しで、ご門徒向けの寺報を4月15日付で発行しました。その中で、「お寺みずからが聞法の機会を放棄することは大変に申し訳なく、まことに残念なことですが、ご参拝・ご助力いただく方々や、ひいては地域住民の皆様の生命に関わることです。ご本山、別院の各種法要行事もほとんどは中止となっていることもかんがみて、ひとまずは本年上半期の行事をすべて中止させていただくことにいたしました」とお知らせをしたのでした。岐阜市を含む近隣市町では5月末まで、市町立の幼稚園や小中学校、高校、特別支援学校の臨時休校を5月31日まで延長するような状況下、やむをえない判断です。「わたくしたちはみな、激流に流されている」と2500年前にお釈迦さまが言われたことばが、これほどリアルに感じられる日々が現代世界に訪れようとは、ちょっと前までは想像もつきませんでした。どうか皆様ご自愛いただき、この困難をともに乗り越えたいものです。

バックナンバー


更新情報

2019/12/05 善徳寺ひろば更新
2019/05/11 善徳寺ひろば更新
2019/01/01 雑記帳更新
2018/12/12  善徳寺ひろば更新

更新履歴


無盡燈とは|ごあいさつ |
善徳寺ご案内沿革一年の行事交通案内今年・来年は何回忌
善徳寺ひろば|
仏教・真宗のコーナーお釈迦さまの足あと(ブッダの生涯)など
折々の法話
Sanskrit Texts(梵文無量寿経・阿弥陀経) |
リンク雑記帳
 


2000年2月21日開設
メールはmujintou●outlook.jpまで(●=@)
Copyright (C) 2000-2017 Mujintou
-Zentokuji. All rights reserved.


画面左のフレームが表示されない場合はここをクリックして下さい