発信元:浄土真宗本願寺派法性山善徳寺(岐阜県岐阜市)


十方微塵世界の
念仏の衆生をみそなわし
摂取してすてざれば
阿弥陀となづけたてまつる

全宇宙の無数の世界の中で、念仏している数かぎりない衆生をごらんになっていて、彼らのすべてを収めとり、捨てられることがない。それゆえに阿弥陀仏、すなわち「一切衆生を、妨害されることなく収めとりたもうみ仏」と名づけたてまつる。

親鸞聖人『浄土和讃(弥陀経意)』より:現代語訳、真継伸彦氏


 

12/12: 夕刻の梵鐘を突く頃には、すでに日が沈んでいる。今年もそんな時期になりました。

バックナンバー


更新情報

12/12  善徳寺ひろば更新
11/05  善徳寺ひろば更新
06/13 善徳寺ひろば更新(春季法要記録) 
2018/01/08 年回表更新

更新履歴


無盡燈とは|ごあいさつ |
善徳寺ご案内沿革一年の行事交通案内今年・来年は何回忌
善徳寺ひろば|
仏教・真宗のコーナーお釈迦さまの足あと(ブッダの生涯)など
折々の法話
Sanskrit Texts(梵文無量寿経・阿弥陀経) |
リンク雑記帳
 


2000年2月21日開設
メールはmujintou●outlook.jpまで(●=@)
Copyright (C) 2000-2017 Mujintou
-Zentokuji. All rights reserved.


画面左のフレームが表示されない場合はここをクリックして下さい