無盡燈トップページヘ
仏教・真宗のコーナートップ

仏教のコーナー

お釈迦さまの足あと

真宗のコーナー

浄土真宗の教章
浄土三部経の大意
 
無量寿経
 
観無量寿経
 阿弥陀経
 
真宗の仏事

 『浄土真宗門徒ひろば(仏事相談)』へリンク
 『河久保同行の部屋』へリンク

読書・視聴室
おススメの本・映画

白蓮華について 白色の蓮華をサンスクリット語(梵語)でプンダリーカといい、分陀利華(ふんだりけ)と音訳されます。汚泥のなかから清らかに咲く白蓮華は仏典で好んで取り上げられる素材であり、『観無量寿経』では、阿弥陀仏の誓い(本願)を信ずる念仏者のことを「人々の中の分陀利華である」とたたえています。また善導大師は、このような念仏者を「妙好人(みょうこうにん)」とも表現しています。


このコーナーの内容紹介

のコーナ

お釈迦さまの足あと(ブッダの生涯)

 仏教の開祖であるお釈迦さま(ゴータマ・ブッダ)の生涯を、インド仏教遺跡を写真で訪ねながらたどります。
 仏教は老・病・死などの人間的な苦や悪を見すえつつ、なおかつそれを乗り越えて「善きもの」を求める教えです。「『泣きながら生まれてきた』人間が、『笑いながら死んでゆく』」(五木寛之『大河の一滴』)生き方を身をもって示されたお釈迦さまの生涯をたどりつつ、仏教の根幹にあるこうした人間観・人生観を知っていただきたく思います。また、インド仏教遺跡の写真から、静穏さや知的な輝きといった仏教の魅力をなにほどか感じていただくことができれば幸いです。


のコーナ

浄土真宗の教章

 浄土真宗(本願寺派)の宗派名、開祖など、最低限知っておいていただきたいことがらを簡潔にまとめたものです。

 

浄土三部経の大意

 浄土真宗の教えの依りどころとなる三つの経典を、「浄土三部経」といいます。法事などのおつとめでも読まれるこれらのお経には、一体どんな内容が説かれているのでしょうか。その大まかな意味をまとめてみました。

 

真宗の仏事

 関東地方在住の本願寺派布教使の方作成のホームページ「浄土真宗『門徒ひろば』仏事相談」と、福井県の「河久保道場」様作成のホームページ「河久保同行の部屋」にリンクします。どちらも、お仏壇、葬儀、法事・法要その他、浄土真宗の仏事・作法について懇切丁寧に解説がなされています。ぜひ御覧ください。

 

おススメの本・映画

 仏教・真宗に関連する本・映画などを硬軟おりまぜてご紹介するコーナーです。

 


仏教・真宗のコーナーへようこそおいで下さいました。
仏教や浄土真宗について、
すこしくわしい内容を知っていただく場として、
このようなコーナーを設けてみました。
とはいえ、
浄土真宗においては、
お寺などで開かれる法座においでいただき、
じかに教え(法)を聞いていただくことが、
じつは最も大切なことなのです。
わたくしたちが
南無阿弥陀仏とお念仏を申すのは、
今を生きているほかならぬ私が
「生死出づべき道」をそこに見出させていただくことで
あるはずです。
私の生死の意味をたずねるのに、
古い新しいということはありません。
ともに浄土真宗の教えを聞いてみませんか。

浄土真宗本願寺派法性山善徳寺(岐阜教区華陽組)

                  無盡燈トップページヘ